有馬記念予想|2017年|種牡馬データ・騎手データ

有馬記念予想|2017年|種牡馬データ・騎手データ

有馬記念予想ニュース

ヤフーニュースより引用
【朝日杯フューチュリティステークス】登録馬(想定騎手入り)

今年の中央競馬も残すところあと3日。年末のグランプリ・有馬記念の注目はもちろんファン投票ダントツ1位のキタサンブラックだろう。引退レースを勝利で飾ることができるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■12/24(日) 有馬記念(3歳上・GI・中山芝2500m)

 キタサンブラック(牡5、栗東・清水久詞厩舎)がついにラストランを迎える。血統や距離、時計対応など様々な不安説が出ながら、その全てを吹き飛ばして6度のGI制覇を果たしてきた。前走のジャパンCは落鉄の不運などもあって3着に敗れたが、ここで有終の美を飾れるか。

 シュヴァルグラン(牡5、栗東・友道康夫厩舎)はそのジャパンCをV。7度目の挑戦で悲願のGI制覇を果たした。前走に引き続き、今年の世界ナンバーワンジョッキー・H.ボウマン騎手が騎乗するのは非常に心強い。GI連勝を決めて、新たな現役最強馬として名乗りを上げたいところだ。

 スワーヴリチャード(牡3、栗東・庄野靖志厩舎)は今年のダービー2着馬で、それ以来のレースとなったアルゼンチン共和国杯を圧勝。今年の3歳世代は古馬混合重賞で10勝を挙げ、ダービー馬レイデオロもジャパンCでキタサンブラックに先着(2着)しているように、非常にレベルが高い。本馬もここでどんな競馬を見せてくれるか楽しみ。

 その他、R.ムーア騎手とのコンビで春秋グランプリ制覇を狙うサトノクラウン(牡5、美浦・堀宣行厩舎)、休み明けのエリザベス女王杯で3着のミッキークイーン(牝5、栗東・池江泰寿厩舎)、昨年の4着馬ヤマカツエース(牡5、栗東・池添兼雄厩舎)、ジャパンC6着からの巻き返しを期すレインボーライン(牡4、栗東・浅見秀一厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時25分。

有馬記念-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ステイゴールド 4- 1- 2- 9/16 25.00% 43.80% 65 86
ディープインパクト 2- 0- 0-14/16 12.50% 12.50% 70 25
ネオユニヴァース 1- 1- 0- 4/ 6 16.70% 33.30% 140 81
アグネスタキオン 1- 1- 0- 1/ 3 33.30% 66.70% 86 166
サンデーサイレンス 1- 0- 3- 4/ 8 12.50% 50.00% 653 317
スクリーンヒーロー 1- 0- 1- 0/ 2 50.00% 100.00% 850 305
スペシャルウィーク 0- 2- 0- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 41
キングカメハメハ 0- 1- 3-11/15 0.00% 26.70% 0 176
ブラックタイド 0- 1- 1- 1/ 3 0.00% 66.70% 0 153
ハーツクライ 0- 1- 0- 7/ 8 0.00% 12.50% 0 31
King’s Best 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 163
ドリームウェル 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 2280
ダンスインザダーク 0- 0- 0- 6/ 6 0.00% 0.00% 0 0
マンハッタンカフェ 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0
ゼンノロブロイ 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0
Red Ransom 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0
ジャングルポケット 0- 0- 0- 9/ 9 0.00% 0.00% 0 0
グラスワンダー 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0
フジキセキ 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0

有馬記念-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
池添謙一 3- 0- 0- 4/ 7 42.90% 42.90% 111 57
ルメール 1- 2- 0- 6/ 9 11.10% 33.30% 28 126
M.デム 1- 1- 1- 5/ 8 12.50% 37.50% 105 127
安藤勝己 1- 1- 0- 1/ 3 33.30% 66.70% 86 166
吉田隼人 1- 0- 1- 1/ 3 33.30% 66.70% 566 203
蛯名正義 1- 0- 0- 8/ 9 11.10% 11.10% 581 114
内田博幸 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 45 21
戸崎圭太 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 217 70
横山典弘 0- 1- 1- 7/ 9 0.00% 22.20% 0 53
岩田康誠 0- 1- 1- 5/ 7 0.00% 28.60% 0 58
武豊 0- 1- 0- 7/ 8 0.00% 12.50% 0 15
川田将雅 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 456
スミヨン 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 55
ビュイッ 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 500
ウィリア 0- 0- 2- 2/ 4 0.00% 50.00% 0 350
後藤浩輝 0- 0- 2- 2/ 4 0.00% 50.00% 0 245
福永祐一 0- 0- 1- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 105
ムーア 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 85
三浦皇成 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0
メンディ 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0
キネーン 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0
浜中俊 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0
ペリエ 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0
和田竜二 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0
柴田善臣 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0
田辺裕信 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0

有馬記念ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

有馬記念|2016年|種牡馬データ・騎手データ

有馬記念|2016年|種牡馬データ・騎手データ

有馬記念にはこの人の名がなくては!今年デビュー30周年を迎えた武豊騎手(47)はJRA通算4000勝達成、海外G1制覇など円熟味を増した技術で大活躍。その原動力の一つとなったのがキタサンブラックとのコンビ結成だ。天皇賞・春とジャパンCを勝った時には自らの手拍子で、北島三郎オーナー(80)が♪まつりだ、まつりだ、キタサンまつり――と歌声を響かせた。有馬記念も「まつり」の場と化すか。ユタカが有馬記念を前に、キタサンブラックの魅力と核心をスポニチ本紙に語った。

【写真】ABCラジオで共演した武豊と調教師試験に合格した弟の武幸四郎は軽妙なトークを繰り広げた

【確信】以前のキタサンブラックは人気先行型だったけど、今ではG13勝馬にふさわしい貫禄と実力が備わっている。外から見る立場だった3歳時と、コンビを組むようになった今年の上半期3戦(大阪杯2着→天皇賞・春1着→宝塚記念3着)は「持久力」が最大の武器という印象だったのに、今はそれにプラスして速い脚がある。秋2戦(京都大賞典1着→ジャパンC1着)で確信できました。

【速い脚とは】ジャパンCの勝因が「単騎逃げ」や「スロー」との見方には反論も同調もしません。特別に僕が光る騎乗をしたとも思っていない。ただ、キタサンブラックの上がり3ハロンのラップに注目すれば、「速い脚」を理解してもらえるはず。(残り600メートルから200メートルずつを)11秒2~11秒4~12秒1を逃げている馬が刻んだんだから、追い込み勢はお手上げ。本来の持久力に加えて速い脚を使えるようになったことを証明していませんか?表現を換えれば「MAXの脚」が以前より格段にアップ。大きな武器が一つ増えました。

【ジャパンCレース回顧】一にも二にも北島(三郎)オーナー。G1の表彰式ともなれば、観客のみなさんは馬券を外れた人でも祝福してくれるムードがあるけど、ファンが一体となったあそこまでの空気感を醸し出せるのは、北島オーナーの所有馬だからこそ。キタサンブラックは勝つ時は常に接戦だったのに、あの時は2馬身半もちぎった。なんでだろう?キャラが変わったのかな?

【有馬記念】世界で最も馬券が売れるスペシャルなレース。「年の瀬に最後の勝負」という人がいれば、全くのビギナーもいる。それぞれの気持ちを胸に抱いて馬券を買って、レースで興奮してほしい。僕は過去にオグリキャップ(90年)とディープインパクト(06年)で2勝。もっと勝ちたいけど、この2頭のレースに関しては、年月がたっても色あせていない。「あの年の有馬記念に感動してこの世界を志した」という競馬関係者の声を聞くと影響力があったんだと素直にうれしい。

【中山2500メートル】このコース・距離にフィットする馬がいれば、逆にそうじゃない馬もいる。キタサンブラックはイメージとして問題ない。むしろ歓迎。というか、どんな条件でも活躍できるし、最適という舞台があるなら僕が教えてほしいくらい。それくらい隙がない。これはコンビを組んだ過去の名馬で経験があることだけど、超一流になれば強さの秘けつを科学的に分析されることがある。心臓の機能とか心拍数とかね。キタサンブラックはその域に達したようで、最近はそういった視点の取材を受けることもあります。

【最後に】 これは強調しておきたい。種牡馬ブラックタイドの価値と種付け料(15年150万円→16年300万円)まで高めたのだから、凄い孝行息子です!

有馬記念|2016年|過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ステイゴールド 4- 1- 2- 9/16 25.00% 43.80% 65 86
サンデーサイレンス 2- 0- 4- 7/13 15.40% 46.20% 411 220
ネオユニヴァース 1- 1- 0- 3/ 5 20.00% 40.00% 168 98
アグネスタキオン 1- 1- 0- 1/ 3 33.30% 66.70% 86 166
ディープインパクト 1- 0- 0-10/11 9.10% 9.10% 79 25
スクリーンヒーロー 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1700 410
スペシャルウィーク 0- 2- 0- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 41
キングカメハメハ 0- 1- 3- 9/13 0.00% 30.80% 0 203
ハーツクライ 0- 1- 0- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 35
King’s Best 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 163
エリシオ 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 180
ドリームウェル 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 2280
ブラックタイド 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 170
フジキセキ 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0
ダンスインザダーク 0- 0- 0- 7/ 7 0.00% 0.00% 0 0
マンハッタンカフェ 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0
ゼンノロブロイ 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0
Red Ransom 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0
ジャングルポケット 0- 0- 0- 9/ 9 0.00% 0.00% 0 0
グラスワンダー 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0
オペラハウス 0- 0- 0- 4/ 4 0.00% 0.00% 0 0

有馬記念|2016年|過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
池添謙一 3- 0- 0- 4/ 7 42.90% 42.90% 111 57
安藤勝己 1- 1- 1- 1/ 4 25.00% 75.00% 65 182
M.デム 1- 1- 1- 4/ 7 14.30% 42.90% 120 145
蛯名正義 1- 0- 0- 8/ 9 11.10% 11.10% 581 114
武豊 1- 0- 0- 7/ 8 12.50% 12.50% 15 12
内田博幸 1- 0- 0- 6/ 7 14.30% 14.30% 38 18
戸崎圭太 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 290 93
吉田隼人 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 850 205
ルメール 0- 2- 0- 6/ 8 0.00% 25.00% 0 127
横山典弘 0- 1- 1- 7/ 9 0.00% 22.20% 0 53
岩田康誠 0- 1- 1- 5/ 7 0.00% 28.60% 0 58
川田将雅 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 456
ペリエ 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 120
スミヨン 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 55
ビュイッ 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 500
ウィリア 0- 0- 2- 2/ 4 0.00% 50.00% 0 350
後藤浩輝 0- 0- 2- 2/ 4 0.00% 50.00% 0 245
福永祐一 0- 0- 1- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 123
ムーア 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 85
三浦皇成 0- 0- 0- 3/ 3 0.00% 0.00% 0 0
メンディ 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0
キネーン 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0
和田竜二 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0
石橋守 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0

有馬記念|2016年|中山競馬場芝2500mの種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ステイゴールド 13- 6- 7-47/73 17.80% 35.60% 87 99
ハーツクライ 3- 8- 1-25/37 8.10% 32.40% 91 87
キングカメハメハ 3- 3- 6-36/48 6.30% 25.00% 151 96
キングヘイロー 3- 3- 0-10/16 18.80% 37.50% 129 140
ディープインパクト 3- 2- 5-28/38 7.90% 26.30% 127 71
ネオユニヴァース 2- 4- 2-11/19 10.50% 42.10% 185 139
オペラハウス 2- 0- 1- 7/10 20.00% 30.00% 307 97
ハービンジャー 2- 0- 1- 4/ 7 28.60% 42.90% 174 107
スクリーンヒーロー 2- 0- 0- 1/ 3 66.70% 66.70% 676 176
シンボリクリスエス 1- 4- 0-19/24 4.20% 20.80% 10 65
ニューイングランド 1- 2- 2- 4/ 9 11.10% 55.60% 1856 281
タニノギムレット 1- 1- 1-14/17 5.90% 17.60% 30 68
ダイワメジャー 1- 1- 0- 8/10 10.00% 20.00% 131 98
メイショウサムソン 1- 0- 1- 4/ 6 16.70% 33.30% 88 60
アドマイヤジャパン 1- 0- 1- 3/ 5 20.00% 40.00% 768 392
ゼンノロブロイ 1- 0- 0-27/28 3.60% 3.60% 13 5
アドマイヤドン 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 135 55
ウォーエンブレム 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 336 120
カンパニー 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 265 105
パラダイスクリーク 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 1360 296
クロフネ 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 133 66
フサイチホウオー 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1250 430

有馬記念|2016年|中山競馬場芝2500mの種牡馬データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
戸崎圭太 6- 6- 0-13/25 24.00% 48.00% 216 104
蛯名正義 4- 3- 6-18/31 12.90% 41.90% 65 122
岩田康誠 3- 2- 1- 5/11 27.30% 54.50% 103 123
内田博幸 3- 1- 3-12/19 15.80% 36.80% 48 137
吉田隼人 3- 0- 1- 8/12 25.00% 33.30% 183 132
柴山雄一 3- 0- 0- 8/11 27.30% 27.30% 252 94
北村宏司 2- 2- 4-19/27 7.40% 29.60% 27 65
吉田豊 2- 2- 3-18/25 8.00% 28.00% 68 114
柴田大知 2- 2- 2-18/24 8.30% 25.00% 37 55
松岡正海 2- 1- 2-19/24 8.30% 20.80% 91 73
柴田善臣 2- 1- 1-20/24 8.30% 16.70% 212 65
杉原誠人 2- 1- 1- 1/ 5 40.00% 80.00% 1328 562