エプソムカップ|2017年|種牡馬データ・騎手データ

エプソムカップ|2017年|種牡馬データ・騎手データ

エプソムカップ|2017年|種牡馬データ・騎手データ

エプソムカップニュース

ヤフーニュースより引用

5週連続のGIが終わった東京開催。今週のメインはエプソムカップ(11日、GIII、芝1800メートル)が組まれている。重賞ウイナー8頭が激突する好カードとなったが、最も注目されるのは4歳馬アストラエンブレムだ。ここ2戦、1800メートルの距離にも対応し、改めて素質の高さを誇示。今後のためにも賞金上積みは不可欠で、初の重賞奪取を狙う。

 堅実な決め手を持つアストラエンブレムに、得意の舞台で重賞初制覇のチャンスが訪れた。

 デビューから9戦は一貫して1600メートル戦を使われ、重賞4戦を含めて【4・1・1・3】で5着以下なしの安定感。今年の京都金杯も後方から4着に押し上げたように、常にメンバー上位の末脚を放つことができる。「今なら1800メートルでもいいかも」(小島茂調教師)と臨んだ2走前の大阪城Sでは、驚異的な上がり32秒8をマークしてオープン初勝利。見立て通り、距離にもめどがついた。

 同距離の前走・メイSはクビ差の2着。先に抜け出した勝ち馬タイセイサミットとは2・5キロのハンデ差があり、十分に力を示した形だ。小島茂師も「結果的に追い出しを待ちすぎたぶん、捕らえきれなかった」と分析。外から併せたところで気難しさを見せ、馬がブレーキをかけたのも敗因のひとつだった。その点はM・デムーロ騎手も把握している。3週続けてGI3着の鬱憤を晴らすうえでも、主戦は勝利へのイメージを膨らませているはずだ。

 前走のハンデ戦から別定戦に替わり、引き続き力通りに決まりやすい東京芝1800メートル。左回りでは【4・2・1・0】で、東京ではサウジアラビアロイヤルC3着を含め【1・1・1・0】と確実に勝ち負けに加わっている。初タイトルをつかむなら、この舞台だろう。

 「レース後も特に問題はない。まだ完成は先だけど、ここも期待しています」と小島茂師。3日に坂路で強めに追われ、4ハロン50秒8-11秒9と鋭い動きを披露した。中2週でも状態面に不安はない。クラス再編成で収得賞金は半減し、1800万円という身。今後の大舞台に向けて、ここできっちり賞金加算を狙う。

エプソムカップ-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ディープインパクト 3- 2- 1-10/16 18.80% 37.50% 68 55
ダンスインザダーク 2- 0- 1- 5/ 8 25.00% 37.50% 115 118
マンハッタンカフェ 1- 2- 0- 9/12 8.30% 25.00% 23 32
フレンチデピュティ 1- 1- 1- 3/ 6 16.70% 50.00% 155 110
ホワイトマズル 1- 1- 0- 0/ 2 50.00% 100.00% 165 180
ステイゴールド 1- 0- 1- 7/ 9 11.10% 22.20% 83 67
グラスワンダー 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 60 28
Redoute’s Choice 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 85
ハーツクライ 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 86
チーフベアハート 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 113
キングカメハメハ 0- 1- 0- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 90
サンデーサイレンス 0- 0- 2-10/12 0.00% 16.70% 0 62
タニノギムレット 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 38
ラスカルスズカ 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 370
スターオブコジーン 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 1950
Machiavellian 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 960
フジキセキ 0- 0- 0- 7/ 7 0.00% 0.00% 0 0
ラストタイクーン 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0
アグネスタキオン 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0
ダイワメジャー 0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0 0
アドマイヤムーン 0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0 0
ゼンノロブロイ 0- 0- 0- 6/ 6 0.00% 0.00% 0 0

エプソムカップ-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
福永祐一 2- 3- 0- 1/ 6 33.30% 83.30% 100 156
武豊 1- 2- 0- 2/ 5 20.00% 60.00% 60 76
横山典弘 1- 0- 1- 6/ 8 12.50% 25.00% 93 56
戸崎圭太 1- 0- 1- 2/ 4 25.00% 50.00% 70 165
四位洋文 1- 0- 1- 2/ 4 25.00% 50.00% 107 80
田中勝春 1- 0- 0- 9/10 10.00% 10.00% 93 29
ウィリア 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 123 53
藤田伸二 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 110 46
岩田康誠 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 340 145
蛯名正義 0- 2- 0- 7/ 9 0.00% 22.20% 0 64
ルメール 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 110
M.デム 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 170
川田将雅 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 340
後藤浩輝 0- 0- 2- 3/ 5 0.00% 40.00% 0 140
柴田大知 0- 0- 2- 1/ 3 0.00% 66.70% 0 773
丸山元気 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 63
藤岡康太 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 370
勝浦正樹 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 960
柴田善臣 0- 0- 0- 8/ 8 0.00% 0.00% 0 0
吉田豊 0- 0- 0- 7/ 7 0.00% 0.00% 0 0
北村宏司 0- 0- 0- 8/ 8 0.00% 0.00% 0 0
内田博幸 0- 0- 0- 8/ 8 0.00% 0.00% 0 0
松岡正海 0- 0- 0- 6/ 6 0.00% 0.00% 0 0

エプソムカップ-東京競馬場芝1800mの種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ディープインパクト 24- 20- 22-143/209 11.50% 31.60% 73 91
ステイゴールド 13- 11- 12-109/145 9.00% 24.80% 91 65
キングカメハメハ 13- 8- 12- 57/ 90 14.40% 36.70% 78 83
マンハッタンカフェ 11- 5- 3- 54/ 73 15.10% 26.00% 91 76
ハーツクライ 10- 11- 9- 86/116 8.60% 25.90% 61 55
ハービンジャー 7- 6- 6- 60/ 79 8.90% 24.10% 33 60
ダイワメジャー 6- 5- 0- 54/ 65 9.20% 16.90% 49 28
ゼンノロブロイ 6- 4- 6- 53/ 69 8.70% 23.20% 33 43
ヴィクトワールピサ 5- 0- 3- 26/ 34 14.70% 23.50% 485 170
ジャングルポケット 4- 5- 2- 35/ 46 8.70% 23.90% 40 53
ネオユニヴァース 4- 2- 3- 39/ 48 8.30% 18.80% 92 85
メイショウサムソン 3- 4- 1- 27/ 35 8.60% 22.90% 115 105
ルーラーシップ 3- 3- 2- 10/ 18 16.70% 44.40% 489 213
ブライアンズタイム 3- 0- 1- 5/ 9 33.30% 44.40% 450 134
シンボリクリスエス 2- 4- 3- 39/ 48 4.20% 18.80% 25 84
ダノンシャンティ 2- 3- 1- 10/ 16 12.50% 37.50% 345 159
コンデュイット 2- 2- 0- 26/ 30 6.70% 13.30% 50 29
ローエングリン 2- 1- 1- 13/ 17 11.80% 23.50% 15 130
Frankel 2- 0- 0- 0/ 2 100.00% 100.00% 655 195

エプソムカップ-東京競馬場芝1800mの騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
戸崎圭太 18- 14- 10- 50/ 92 19.60% 45.70% 71 85
ルメール 12- 11- 7- 22/ 52 23.10% 57.70% 125 94
北村宏司 11- 5- 3- 57/ 76 14.50% 25.00% 148 58
横山典弘 9- 7- 5- 41/ 62 14.50% 33.90% 56 77
蛯名正義 9- 6- 11- 50/ 76 11.80% 34.20% 103 85
M.デム 7- 8- 3- 17/ 35 20.00% 51.40% 96 84
田辺裕信 6- 9- 4- 58/ 77 7.80% 24.70% 49 63
柴田善臣 6- 4- 5- 39/ 54 11.10% 27.80% 38 67
松岡正海 5- 2- 3- 69/ 79 6.30% 12.70% 154 62
武豊 5- 1- 4- 17/ 27 18.50% 37.00% 103 103
柴田大知 4- 8- 11- 81/104 3.80% 22.10% 50 65
柴山雄一 4- 7- 3- 59/ 73 5.50% 19.20% 92 87
大野拓弥 4- 5- 2- 60/ 71 5.60% 15.50% 63 54
内田博幸 4- 4- 6- 78/ 92 4.30% 15.20% 38 51
福永祐一 4- 4- 3- 24/ 35 11.40% 31.40% 32 52
吉田豊 4- 2- 3- 63/ 72 5.60% 12.50% 134 74
石川裕紀 4- 1- 6- 59/ 70 5.70% 15.70% 41 67
ムーア 3- 1- 0- 7/ 11 27.30% 36.40% 139 54
武士沢友 2- 4- 3- 43/ 52 3.80% 17.30% 21 46
石橋脩 2- 3- 3- 44/ 52 3.80% 15.40% 9 33
岩田康誠 2- 2- 1- 25/ 30 6.70% 16.70% 17 27
ベリー 2- 0- 4- 10/ 16 12.50% 37.50% 67 75
津村明秀 2- 0- 3- 22/ 27 7.40% 18.50% 92 105
ベリー 2- 0- 1- 9/ 12 16.70% 25.00% 67 40
田中勝春 1- 9- 7- 39/ 56 1.80% 30.40% 86 180

エプソムカップー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

エプソムカップ|2016年|騎手データ

エプソムカップ|2016年|騎手データ

5週連続のGI開催が終わった東京競馬だが、初夏の府中を舞台に熱い戦いはまだまだ続く。メインは6月12日に行われる第33回エプソムカップ(GIII、芝1800メートル)だ。

昨年の勝ち馬エイシンヒカリがこのレースをステップに大きな飛躍を遂げたように、宝塚記念を勝ったエイシンデピュティ、ワールドベストレースホースランキングで1位に輝いたジャスタウェイ、マイルCSを制したダノンシャーク、天皇賞・秋2着ダークシャドウなど、エプソムカップ連対馬はその後GIレースで大活躍している。今後のGI戦線を占う上でも、見逃せないレースだ。

激闘の舞台となる芝1800メートルは昔から、“府中の千八展開いらず”といわれるフラットなコース設定。能力の絶対値の見極めが馬券的中への要諦となる。

注目1番手は、ヴィクトリアマイル5着のルージュバック(美浦・大竹正博厩舎、牝4歳)だろう。牡牝を通じて世代ナンバーワンとの評価もあったほどで、潜在能力はGI級だ。前走はマイル戦とあってエンジンがかかる前にレースが終わってしまった印象だが、芝1800メートル戦ではデビュー戦Vのほか、きさらぎ賞勝ち&中山牝馬S2着と実績十分。1ハロンの延長は、この馬にとって大きなプラス材料となる。ここをきっかけに、再びGI戦線へ名乗りを上げたいところだ。

フルーキー(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)は昨年の4着馬で、上がり3ハロン34秒0はメンバー最速だった。東京コースに勝ち星はないが、すべて重賞で3戦して3、4、5着と適性は確か。芝1800メートルも3勝と最も得意にしている。掲示板を外したのは3歳秋の菊花賞6着のみという超堅実派だけに、58キロでも上位争いは必至だ。

アルバートドック(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)の近2走は、流れや馬場状態などがかみ合わずチグハグな競馬。まったくの不完全燃焼だけに心身ともにダメージはなさそうだ。この距離は、3走前にGIII小倉大賞典を制している。今回は転厩3戦目でデキも上昇。能力の絶対値が問われる舞台で見直しが必要だろう。

ロジチャリス(美浦・国枝栄厩舎、牡4歳)は春興S(1600万下)-メイS(オープン)と2連勝中。もともと厩舎の期待は高く、3歳夏にはGIIIラジオNIKKEI賞4着と重賞での実績もある。精神的に成長し、落ち着いてレースに臨めるようになったことが目下の好成績につながってきた。今なら重賞にも手が届くはずだ。騎乗して3戦全勝という相性を誇る福永祐一騎手とのコンビも心強い。

その他、この距離で3勝2着3回の古豪ヒストリカル(栗東・音無秀孝厩舎、牡7歳)、谷川岳S3着と復活の兆しが見えるGI馬マイネルホウオウ(美浦・畠山吉宏厩舎、牡6歳)、同型が少ない顔触れで積極策に勝機を見いだしたいマイネルミラノ(美浦・相沢郁厩舎、牡6歳)、ここにきて安定感が出てきたラングレー(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)など、魅力十分の伏兵陣もチャンスをうかがう。

エプソムカップ|過去10年|騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
福永祐一 2- 3- 0- 0/ 5 40.00% 100.00% 120 188
武豊 1- 2- 0- 2/ 5 20.00% 60.00% 60 76
後藤浩輝 1- 0- 2- 3/ 6 16.70% 50.00% 330 178
横山典弘 1- 0- 2- 6/ 9 11.10% 33.30% 83 63
四位洋文 1- 0- 1- 3/ 5 20.00% 40.00% 86 64
田中勝春 1- 0- 0- 9/10 10.00% 10.00% 93 29
藤田伸二 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 82 35
ウィリア 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 123 53
岩田康誠 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 680 290
蛯名正義 0- 2- 0- 6/ 8 0.00% 25.00% 0 72
勝浦正樹 0- 1- 1- 0/ 2 0.00% 100.00% 0 605
ルメール 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 110
川田将雅 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 340
戸崎圭太 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 173
丸山元気 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 63
柴田大知 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 975
藤岡康太 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 370
吉田豊 0- 0- 0- 7/ 7 0.00% 0.00% 0 0
柴田善臣 0- 0- 0- 8/ 8 0.00% 0.00% 0 0

エプソムカップ|東京競馬場芝1800m|騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
北村宏司 26- 16- 17-100/159 16.40% 37.10% 116 78
蛯名正義 20- 19- 19-103/161 12.40% 36.00% 84 73
横山典弘 19- 15- 9- 88/131 14.50% 32.80% 111 72
戸崎圭太 18- 14- 17- 87/136 13.20% 36.00% 65 74
内田博幸 14- 15- 16-109/154 9.10% 29.20% 50 66
福永祐一 11- 12- 3- 36/ 62 17.70% 41.90% 79 82
田中勝春 11- 8- 11- 89/119 9.20% 25.20% 289 123
田辺裕信 10- 11- 10-115/146 6.80% 21.20% 100 88
武豊 9- 3- 4- 28/ 44 20.50% 36.40% 140 91
三浦皇成 7- 11- 16- 99/133 5.30% 25.60% 43 84
柴田大知 7- 10- 12-121/150 4.70% 19.30% 61 81
石橋脩 7- 7- 5- 88/107 6.50% 17.80% 38 43
松岡正海 7- 6- 6-114/133 5.30% 14.30% 100 53
吉田豊 7- 4- 7-115/133 5.30% 13.50% 27 36
柴田善臣 6- 10- 10- 85/111 5.40% 23.40% 72 81