アルゼンチン共和国杯予想|2017年|種牡馬データ・騎手データ

アルゼンチン共和国杯予想|2017年|種牡馬データ・騎手データ

アルゼンチン共和国杯予想ニュース

【AR共和国杯】リチャード実力証明!ミルコと新コンビ
ヤフーニュースより引用

今週の中央競馬は3日間の変則開催。日曜の東京では、ジャパンカップや有馬記念につながるアルゼンチン共和国杯(GII、芝2500メートル)が行われる。注目は今年のダービー2着馬スワーヴリチャードだ。疲れが取り切れず菊花賞路線をパスして、満を持しての復帰戦。56キロのハンデは楽観できないが、実績十分の東京コースで力の違いを見せる。

 今年のダービー2着馬スワーヴリチャードが、遅ればせながら始動。3冠最終戦の菊花賞をパスして、古馬とのハンデGIIで秋初戦を迎える。

 「ダービー後は疲れが取れず、体調が戻るのに時間がかかった。(ダービーは)ギリギリまでつくって臨んだからね」

 庄野調教師の言葉が物語るように、レイデオロに3/4馬身差まで迫ったダービーは、2分26秒9という決着タイム以上に厳しい競馬だった。世代の頂点を争う戦いは他のレースと消耗度が違う。特にリチャードは皐月賞より12キロも馬体を絞って臨んだぶん、反動は大きかった。

 放牧先でも慎重に調教を進め、回復を最優先。復帰の時期をじっくりと見極めてきた。新コンビを組むM・デムーロ騎手とは、12日にCWコース6ハロン82秒7で初コンタクト。先週も同騎手が騎乗して、稍重のCWでラスト1ハロン11秒7(6ハロン84秒0)をマークした。馬なりでもさすがの瞬発力を披露。僚馬に楽々と1馬身先着した。

 「体に余裕があって、ダービーと比べるとだいぶ手前の段階だけど、2週前にやって気持ちの面で目覚めてきた。(先週は)休み明けとしては十分な動き」

 庄野師は少しずつ本来の動きに戻りつつあることを感じている。最終追いでどこまで状態を上げられるかがポイントだ。

 ダービー馬レイデオロは始動戦の神戸新聞杯でのちの菊花賞馬キセキに完勝。“世代NO・2”リチャードの走りにも当然、注目が集まる。しかも、共同通信杯勝ち、ダービー&東スポ杯2着がある東京は適性十分だ。

 ダービー2着からは多くの活躍馬が出ている。30日に確定したハンデ56キロは楽ではないが、それも実力を見込まれた証し。古馬初対戦のGIIをあっさり勝つようなら、将来のビジョンが大きく開けてくるに違いない。

アルゼンチン共和国杯-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ハーツクライ 2- 1- 0- 7/10 20.00% 30.00% 88 58
ゼンノロブロイ 2- 0- 1- 4/ 7 28.60% 42.90% 144 78
ジャングルポケット 1- 2- 1- 7/11 9.10% 36.40% 28 119
グラスワンダー 1- 1- 1- 3/ 6 16.70% 50.00% 148 213
オペラハウス 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 1255 460
フレンチデピュティ 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 510 230
スターリングローズ 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1270 350
スクリーンヒーロー 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 210 120
ステイゴールド 0- 1- 0-10/11 0.00% 9.10% 0 17
アドマイヤドン 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 90
エルコンドルパサー 0- 1- 0- 8/ 9 0.00% 11.10% 0 68
マヤノトップガン 0- 1- 0- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 47
キングヘイロー 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 76
ダイワメジャー 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 140
キングカメハメハ 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 86
ブライアンズタイム 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 120
サンデーサイレンス 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 94
ロージズインメイ 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 92
ネオユニヴァース 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 42
アドマイヤベガ 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 65
サクラプレジデント 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 430
ディープインパクト 0- 0- 0- 6/ 6 0.00% 0.00% 0 0
ダンスインザダーク 0- 0- 0- 8/ 8 0.00% 0.00% 0 0

アルゼンチン共和国杯-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
吉田隼人 2- 0- 0- 1/ 3 66.70% 66.70% 906 346
蛯名正義 1- 1- 0- 8/10 10.00% 20.00% 89 49
戸崎圭太 1- 1- 0- 1/ 3 33.30% 66.70% 423 176
北村宏司 1- 0- 1- 7/ 9 11.10% 22.20% 54 40
横山典弘 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 63 28
三浦皇成 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 51 26
村田一誠 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 510 230
福永祐一 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 390 150
安藤勝己 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 630 200
内田博幸 0- 1- 2- 3/ 6 0.00% 50.00% 0 93
柴田善臣 0- 1- 1- 6/ 8 0.00% 25.00% 0 131
石橋脩 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 32
松岡正海 0- 1- 0- 8/ 9 0.00% 11.10% 0 45
吉田豊 0- 1- 0- 7/ 8 0.00% 12.50% 0 28
田辺裕信 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 38
メンディ 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 125
大庭和弥 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 190
後藤浩輝 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 94
M.デム 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 170
丹内祐次 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 370
川田将雅 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 260
中谷雄太 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 660
秋山真一 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 800
柴田大知 0- 0- 0- 5/ 5 0.00% 0.00% 0 0

アルゼンチン共和国杯ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

アルゼンチン共和国杯予想|2016年|種牡馬データ・騎手データ

アルゼンチン共和国杯予想|2016年|種牡馬データ・騎手データ

<アルゼンチン共和国杯:追い切り>

 日曜東京メイン、アルゼンチン共和国杯(G2、芝2500メートル、6日)の木曜追いが3日、行われた。関東期待のアルバート(牡5、堀)は美浦ウッドの併せ馬で2馬身半先着。シャープな動きで、半年ぶりの不安を一掃した。4連勝で昨年のステイヤーズSを制した長距離砲。堀厩舎は天皇賞・秋のモーリスに続く2週連続重賞Vを狙う。

 アルバートが半年ぶりの不安を一掃した。4角でサザナミ(古馬1600万)に内から並びかけ、直線で仕掛けると、一気に2馬身半突き放した。4ハロン53秒5-38秒6-12秒7。仕掛けての反応、伸び脚は十分に及第点。橋本助手は「絶好調の頃の感じまではいかないが、動きが重苦しかった先週に比べるとピリッとして、しっかり動けていた」と合格点を与えた。

 昨年後半、モレイラ、戸崎、アッゼニ、ムーアと名だたる名手を背に大躍進。4連勝で一気に重賞を初制覇した。有馬記念以降の3戦は勝ちきれなかったが、どれも0秒6差以内と大きくは負けていない。半年の充電期間を経て、再び実りの秋を迎える。橋本助手も「脚もとに疲れが来たのもあって間隔が空いたが、まず走れる態勢にはある。力は出せる」と好感触だ。

 重賞4勝の古豪フェイムゲームに、天皇賞・春3着のシュヴァルグラン、上がり馬モンドインテロの4歳勢と上位拮抗(きっこう)ムードだが、「長い距離は上手に走ってくれるし、ハンデも実績馬は皆同じ感じで、やれると思う」。モーリスに続く堀厩舎の2週連続重賞Vが見えてきた。【山田準】

 ◆連チャンの堀厩舎 JRA重賞45勝のうち、2週連続以上の重賞制覇はこれまで4回ある。15年にはダービー卿CT(モーリス)→阪神牝馬S(カフェブリリアント)→皐月賞(ドゥラメンテ)の3週連続重賞Vを成し遂げた。同日重賞制覇も12年安田記念(ストロングリターン)、ユニコーンS(ストローハット)など2回ある。

アルゼンチン共和国杯予想|アルゼンチン共和国杯過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ゼンノロブロイ 2- 0- 1- 3/ 6 33.30% 50.00% 168 91
ジャングルポケット 1- 2- 1- 7/11 9.10% 36.40% 28 119
グラスワンダー 1- 1- 1- 3/ 6 16.70% 50.00% 148 213
ハーツクライ 1- 1- 0- 4/ 6 16.70% 33.30% 81 71
オペラハウス 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 1255 460
ティンバーカントリー 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 136 53
フレンチデピュティ 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 510 230
スターリングローズ 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1270 350
スクリーンヒーロー 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 210 120
ステイゴールド 0- 1- 0- 7/ 8 0.00% 12.50% 0 23
エルコンドルパサー 0- 1- 0- 9/10 0.00% 10.00% 0 62
マヤノトップガン 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 63
キングヘイロー 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 115
ダイワメジャー 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 280
サツカーボーイ 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 170
キングカメハメハ 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 86
ブライアンズタイム 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 120
サンデーサイレンス 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 94
ロージズインメイ 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 92
アドマイヤベガ 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 65
サクラプレジデント 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 430
アンバーシヤダイ 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 340
ダンスインザダーク 0- 0- 0- 9/ 9 0.00% 0.00% 0 0

アルゼンチン共和国杯予想|アルゼンチン共和国杯過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
吉田隼人 2- 0- 0- 1/ 3 66.70% 66.70% 906 346
蛯名正義 1- 1- 0- 8/10 10.00% 20.00% 89 49
横山典弘 1- 1- 0- 5/ 7 14.30% 28.60% 54 48
北村宏司 1- 0- 1- 7/ 9 11.10% 22.20% 54 40
三浦皇成 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 51 26
武士沢友 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 68 26
戸崎圭太 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 635 175
村田一誠 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 510 230
安藤勝己 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 630 200
内田博幸 0- 1- 2- 3/ 6 0.00% 50.00% 0 93
柴田善臣 0- 1- 1- 7/ 9 0.00% 22.20% 0 116
石橋脩 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 32
松岡正海 0- 1- 0- 8/ 9 0.00% 11.10% 0 45
吉田豊 0- 1- 0- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 32
田辺裕信 0- 1- 0- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 47
メンディ 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 125
大庭和弥 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 190
石神深一 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 68
後藤浩輝 0- 0- 1- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 78
丹内祐次 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 370
川田将雅 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 260
中谷雄太 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 660
秋山真一 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 800
田中勝春 0- 0- 0- 8/ 8 0.00% 0.00% 0 0