オールカマー予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

オールカマー予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

オールカマーニュース

(ヤフーニュースより引用)
【オールカマー展望】昨年の日本ダービー馬レイデオロと皐月賞馬アルアインが激突

 第64回オールカマー・G2は23日、中山競馬場の芝2200メートルを舞台に行われる。

 ドバイシーマクラシック4着以来となるレイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、ここで始動する。前走はスタートが決まらず、中団からのレース。前が止まらない緩い流れの中、引っかかり気味に追走するも直線で伸び切れずの敗戦だった。その後はノーザンファーム天栄で調整され、8月下旬に美浦に帰厩。1週前の3頭併せは、やや物足りない動きだっただけにレース当週の走りに注目が集まる。

 京都記念2着、大阪杯3着、香港のクイーンエリザベス2世C5着と勝ち切れていないアルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)。1週前は新パートナー・北村友が騎乗して栗東坂路を51秒9をマークした。中山は皐月賞(1着)、セントライト記念(2着)と崩れていない舞台。いきなりの好走に期待する。

 中山2200メートルのアメリカJCCで初重賞制覇を飾ったダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)。宝塚記念5着以来の復帰戦で、ここまで調教の動きにインパクトが足りないが、武豊が騎乗する本追い切りで仕上がり具合をチェックしたい。

 2度目の重賞挑戦となった日経賞で初重賞をゲットしたガンコ(牡5歳、栗東・松元茂樹厩舎)。イケイケのローテになった天皇賞・春(14着)は、ガス欠気味に失速したが、休養でしっかり英気を養った。この条件は合うイメージ。

 函館記念の勝ち馬エアアンセム(牡7歳、栗東・吉村圭司厩舎)、昨年のアメリカJCC3着、日経賞2着ミライヘノツバサ(牡5歳、美浦・伊藤大士厩舎)。復活が待たれるグランプリホース、ゴールドアクター(牡7歳、美浦・中川公成厩舎)もエントリー。

オールカマー-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
サンデーサイレンス 2- 1- 0- 3/ 6 33.30% 50.00% 100 108
ディープインパクト 1- 3- 1-11/16 6.30% 31.30% 47 74
ステイゴールド 1- 2- 1-11/15 6.70% 26.70% 20 44
マンハッタンカフェ 1- 1- 0- 1/ 3 33.30% 66.70% 260 200
ジャングルポケット 1- 1- 0- 3/ 5 20.00% 40.00% 760 198
ホワイトマズル 1- 0- 1- 4/ 6 16.70% 33.30% 121 58
チーフベアハート 1- 0- 0- 4/ 5 20.00% 20.00% 144 50
グラスワンダー 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 46 36
スクリーンヒーロー 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 200 120
ハーツクライ 0- 2- 0- 6/ 8 0.00% 25.00% 0 37
アドマイヤベガ 0- 0- 2- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 108
シンボリクリスエス 0- 0- 1- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 48
デュランダル 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 50
ゼンノロブロイ 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 70
キングヘイロー 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 283
ネオユニヴァース 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 510

オールカマー-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
池添謙一 1- 2- 0- 0/ 3 33.30% 100.00% 253 160
横山典弘 1- 1- 0- 4/ 6 16.70% 33.30% 76 90
北村宏司 1- 1- 0- 4/ 6 16.70% 33.30% 130 111
戸崎圭太 1- 1- 0- 2/ 4 25.00% 50.00% 180 105
蛯名正義 1- 0- 2- 7/10 10.00% 30.00% 14 47
藤田伸二 1- 0- 1- 0/ 2 50.00% 100.00% 365 175
田辺裕信 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 633 100
柴田善臣 1- 0- 0- 7/ 8 12.50% 12.50% 38 20
吉田隼人 1- 0- 0- 6/ 7 14.30% 14.30% 28 17
佐藤哲三 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 70 55
川田将雅 0- 1- 1- 0/ 2 0.00% 100.00% 0 295
岩田康誠 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 140
藤岡佑介 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 320
福永祐一 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 200
武豊 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 160
吉田豊 0- 0- 4- 3/ 7 0.00% 57.10% 0 250
柴山雄一 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 170
ピンナ 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 510
松岡正海 0- 0- 0-10/10 0.00% 0.00% 0 0

オールカマー参考ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

神戸新聞杯予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

神戸新聞杯予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

神戸新聞杯ニュース

(ヤフーニュースより引用)
【神戸新聞杯展望】ワグネリアンVSエポカドーロ

「神戸新聞杯・G2」(23日、阪神)

 ダービーを制覇し、世代の頂点に立ったワグネリアンが秋初戦に臨む。夏場は放牧で英気を養い、8月22日に帰厩。1週前は栗東CWで3頭併せ。僚馬2頭に最先着を果たして、仕上がりの良さを伝えた。前哨戦の内容で今後の路線が決まるだけに、結果が求められる一戦。世代のチャンピオンが、スケールアップした姿で秋も主役を張る。

 皐月賞馬エポカドーロも2冠制覇をにらんで始動する。1週前は栗東CWの併せ馬で、ステファノス相手に堂々先着。活気あふれるフットワークでシャープな伸び脚。夏場もじっくりと乗られており、臨戦態勢は整った。前哨戦で早くもワグネリアンとの再戦となったが、ダービーでは半馬身差の2着。展開ひとつでリベンジも。

 連勝でラジオNIKKEI賞を制したメイショウテッコン。トップハンデ56キロを背負い、前半1000m通過が58秒7という速い流れを早め先頭で押し切る横綱相撲。春はクラシック出走に届かなかったが、この勝利で三冠最終戦がはっきりと視界に入った。トライアルで確かな成長を示し、勢力図を塗り替えることができるか。

 ダービーは13番人気の低評価を覆して4着に奮闘したエタリオウ。先行勢に有利な展開で唯一、後方から追い込んで0秒2差まで詰め寄った。ここまで好走を続けながらも、勝ち鞍は未勝利戦のみ。善戦続きに終止符を打ち、秋の飛躍を目指す。

 ダービー10着からの反撃を狙うステイフーリッシュ。京都新聞杯V時のように、先行できれば一変が可能。古馬のG1級が集った札幌記念で、見せ場をつくったゴーフォザサミットも3歳馬同士なら上位へ。

神戸新聞杯-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
キングカメハメハ 2- 1- 0- 5/ 8 25.00% 37.50% 65 76
ステイゴールド 2- 0- 0- 4/ 6 33.30% 33.30% 66 38
ディープインパクト 1- 2- 4-13/20 5.00% 35.00% 6 65
ハーツクライ 1- 2- 0- 7/10 10.00% 30.00% 16 76
ゼンノロブロイ 1- 0- 1- 1/ 3 33.30% 66.70% 266 160
アグネスタキオン 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 100 55
シンボリクリスエス 1- 0- 0- 8/ 9 11.10% 11.10% 15 12
マンハッタンカフェ 1- 0- 0-10/11 9.10% 9.10% 218 42
スペシャルウィーク 0- 1- 1- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 175
ネオユニヴァース 0- 1- 0- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 93
ルーラーシップ 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 43
クロフネ 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 140
King’s Best 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 110
ジャングルポケット 0- 0- 1- 9/10 0.00% 10.00% 0 14
ハービンジャー 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 92
グラスワンダー 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 230
バゴ 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 220

神戸新聞杯-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ルメール 3- 0- 0- 0/ 3 100.00% 100.00% 380 153
四位洋文 2- 0- 2- 5/ 9 22.20% 44.40% 288 132
福永祐一 1- 2- 2- 4/ 9 11.10% 55.60% 15 148
武豊 1- 2- 0- 6/ 9 11.10% 33.30% 33 48
内田博幸 1- 1- 1- 1/ 4 25.00% 75.00% 57 92
池添謙一 1- 0- 0- 4/ 5 20.00% 20.00% 34 22
横山典弘 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 80 55
和田竜二 0- 1- 0- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 54
藤岡佑介 0- 1- 0- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 93
安藤勝己 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 65
M.デム 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 130
森一馬 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 520
川田将雅 0- 0- 3- 5/ 8 0.00% 37.50% 0 62
岩田康誠 0- 0- 1- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 21
酒井学 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 435

神戸新聞杯参考ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

セントライト記念予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

セントライト記念予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

セントライト記念ニュース

(ヤフーニュースより引用)
【セントライト記念展望】ダービー馬の全弟レイエンダが無傷の4連勝で重賞初V狙う

第72回セントライト記念・G2は17日、中山競馬場の芝2200メートルを舞台に行われる。

 日本ダービー馬レイデオロの全弟で、デビュー3連勝のレイエンダ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎=キングカメハメハ産駒)がエントリーしてきた。1週前は美浦のウッドチップコースでスムーズに脚を伸ばす充実の調整ぶり。気持ちが強い馬だけに道中で折り合いをつけて運べば、初めての重賞挑戦でも格下感は皆無だ。

 NHK杯マイルC2着のギベオン(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎=ディープインパクト産駒)は、中2週での日本ダービー出走をもくろむも激戦の疲れが出て回避。その後は8月1日に早めに帰厩して、態勢を整えられた。1週前は栗東Cウッドで強めに追われて気配は上昇している。東京2000メートルの勝ち星もあり、距離自体は問題ないだろう。

 日本ダービー3着コズミックフォース(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎=キングカメハメハ産駒)は、8月半ばに美浦に帰厩。体にグッと幅が出た印象で成長ぶりを感じさせる。先行力と持続性のある末脚が持ち味だけに、このコースはフィットするイメージ。1週前は併せ馬で大きく先着するなど、態勢は整っている。

 日本ダービーはやや中途半端な競馬で大敗(16着)したジェネラーレウーノ(牡3歳、美浦・矢野英一厩舎=スクリーンヒーロー産駒)。葉牡丹賞1着、京成杯1着、皐月賞3着の中山コースの適性は十分で、思い切った先行策を取れば、もちろん怖い存在に違いない。

 「17冠ベビー」としてデビュー時から注目を集めたタニノフランケル(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎=フランケル産駒)が本格化の時を迎えた。父が14戦14勝(G1・10勝)の最強馬フランケル、母が牝馬として64年ぶりに日本ダービーを勝ったウオッカ。前走の小倉1000万の西部スポニチ賞は自らペースメイクし、直線は後続を突き放す競馬。体も絞れ、走りに凄みが出た。自分のレースに徹すればここも楽しみ。

 皐月賞でメンバー最速タイの上がりタイムで6着に入ったグレイル(牡3歳、栗東・野中賢二厩舎=ハーツクライ産駒)、芝2400、2600メートルでデビュー2連勝中のゼーゲン(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎=ディープインパクト産駒)、プリンシパルSでコズミックフォースの首差2着ブレステイキング(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎=ディープインパクト産駒)も圏内。

セントライト記念-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ステイゴールド 3- 0- 1- 6/10 30.00% 40.00% 281 164
アグネスタキオン 2- 0- 1- 4/ 7 28.60% 42.90% 355 144
ディープインパクト 1- 3- 2-21/27 3.70% 22.20% 5 34
フジキセキ 1- 0- 1- 2/ 4 25.00% 50.00% 35 62
シンボリクリスエス 1- 0- 0-11/12 8.30% 8.30% 51 19
ブラックタイド 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 416 150
トーセンホマレボシ 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 610 150
ブライアンズタイム 0- 2- 0- 2/ 4 0.00% 50.00% 0 322
キングカメハメハ 0- 1- 2- 9/12 0.00% 25.00% 0 68
タニノギムレット 0- 1- 0- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 47
ジャングルポケット 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 52
スクリーンヒーロー 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 820
サツカーボーイ 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 230
ダンスインザダーク 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 150
ハーツクライ 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 53
マンハッタンカフェ 0- 0- 1- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 28

セントライト記念-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
蛯名正義 4- 1- 1- 2/ 8 50.00% 75.00% 113 133
北村宏司 3- 0- 0- 6/ 9 33.30% 33.30% 413 126
横山典弘 1- 1- 0- 6/ 8 12.50% 25.00% 76 121
柴田善臣 1- 0- 0- 8/ 9 11.10% 11.10% 242 44
藤岡佑介 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 213 63
松岡正海 0- 2- 0- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 80
戸崎圭太 0- 1- 1- 3/ 5 0.00% 40.00% 0 84
田中勝春 0- 1- 0- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 43
四位洋文 0- 1- 0- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 285
川田将雅 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 43
柴山雄一 0- 1- 0- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 38
ルメール 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 55
三浦皇成 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 67
吉田隼人 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 150
田辺裕信 0- 0- 1- 7/ 8 0.00% 12.50% 0 17
石橋脩 0- 0- 1- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 153
岩田康誠 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 35
武豊 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 85
M.デム 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 160
菱田裕二 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 410

セントライト記念参考ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

ローズS|2018年|種牡馬データ・騎手データ

ローズS予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

ローズSニュース

(ヤフーニュースより引用)
【ローズS展望】能力は世代トップクラスのディープインパクト産駒サトノワルキューレが中心

第36回ローズステークスは9月16日、阪神の芝1800メートルを舞台に行われる。

 フローラSの勝ち馬サトノワルキューレ(牝3歳、栗東・中竹和也厩舎=ディープインパクト産駒)は、やや踏み遅れた感のあるオークスでは6着に敗れたが、アーモンドアイを除けばポテンシャルは世代トップクラスの一頭。デビューV以来の1800メートル戦だが、持ち前の息の長い脚を生かす競馬に持ち込みたいところ。

 オークスは、左前ザ石で出走取消となったトーセンブレス(牝3歳、美浦・加藤征弘厩舎=ディープインパクト産駒)だが、1週前は加藤征調教師納得の走りを披露。ここまで大きく崩れたことはなく、道悪も得意。直前の追いきりには注目したいが、アーモンドアイ不在のメンバーならいきなり勝機まで。

 フラワーカップ覇者カンタービレ(牝3歳、栗東・中竹和也厩舎=ディープインパクト産駒)、忘れな草賞勝ち馬のオールフォーラヴ(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎=ディープインパクト産駒)は、ともにオークスで13、9着に敗れたが、小柄なタイプだけに夏を越しての成長ぶりがあるか。直前の追い切りを見てみたい。

 都井岬特別1着センテリュオ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎=ディープインパクト産駒)、青島特別1着サラキア(牝3歳、栗東・池添学厩舎=ディープインパクト産駒)、桜花賞12着以来のフィニフティ(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎=ディープインパクト産駒)、カーネーションCを勝って以来のレースとなるゴージャスランチ(牝3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎=マンハッタンカフェ産駒)もエントリー。

ローズS-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ディープインパクト 4- 3- 2-17/26 15.40% 34.60% 73 88
ステイゴールド 1- 1- 0- 6/ 8 12.50% 25.00% 290 181
ハーツクライ 1- 0- 2- 6/ 9 11.10% 33.30% 27 100
ゼンノロブロイ 1- 0- 1- 6/ 8 12.50% 25.00% 145 142
クロフネ 1- 0- 0- 4/ 5 20.00% 20.00% 56 26
アグネスタキオン 1- 0- 0- 4/ 5 20.00% 20.00% 564 96
Tapit 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 2640 640
キングカメハメハ 0- 1- 2- 6/ 9 0.00% 33.30% 0 402
マンハッタンカフェ 0- 1- 0- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 15
キングヘイロー 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 190
ファルブラヴ 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 345
ダンスインザダーク 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 320
テレグノシス 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 850
フレンチデピュティ 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 32
ホワイトマズル 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 435
エンパイアメーカー 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 370

ローズS-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
岩田康誠 2- 1- 0- 5/ 8 25.00% 37.50% 50 138
池添謙一 2- 0- 0- 3/ 5 40.00% 40.00% 88 48
内田博幸 1- 1- 0- 3/ 5 20.00% 40.00% 76 58
川田将雅 1- 0- 2- 5/ 8 12.50% 37.50% 290 203
和田竜二 1- 0- 0- 8/ 9 11.10% 11.10% 293 71
ルメール 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 406 100
後藤浩輝 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 386 150
藤田伸二 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 1410 240
小牧太 0- 2- 1- 4/ 7 0.00% 42.90% 0 561
福永祐一 0- 1- 1- 7/ 9 0.00% 22.20% 0 123
浜中俊 0- 1- 1- 5/ 7 0.00% 28.60% 0 115
四位洋文 0- 1- 1- 5/ 7 0.00% 28.60% 0 68
北村友一 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 190
安藤勝己 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 345
横山典弘 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 245
武豊 0- 0- 2- 5/ 7 0.00% 28.60% 0 58
松山弘平 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 138
飯田祐史 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 570

ローズS参考ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

新潟2歳S予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

新潟2歳S予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

新潟2歳Sニュース

(ヤフーニュースより引用)
エルモンストロ無敗での重賞V狙う/新潟2歳S

 今週日曜の新潟2歳S(G3、芝1600メートル)で素質馬エルモンストロ(牡2、中竹)が連勝を目指す。

 新馬戦は好スタートからハナに立つと、ラストは余力十分に楽勝した。「センスがありそう。長く脚が使えそうな感じ」と岸本助手は振り返る。中間は坂路やCウッドで乗り込まれ、使った上積みをもってここに挑む。「勝ち上がっている馬とどれくらい脚比べができるか。楽しみの方が大きい」と無敗で重賞Vを期待していた。

新潟2歳S-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
フジキセキ 1- 2- 1- 1/ 5 20.00% 80.00% 74 402
ダイワメジャー 1- 1- 1- 7/10 10.00% 30.00% 72 108
ディープインパクト 1- 1- 1- 2/ 5 20.00% 60.00% 52 120
キングカメハメハ 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 68 28
グラスワンダー 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 62 37
アドマイヤマックス 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 436 93
ホワイトマズル 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 315 120
ローエングリン 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 650 210
マツリダゴッホ 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 360 190
テレグノシス 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 2630 750
ハーツクライ 0- 1- 0- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 20
ステイゴールド 0- 1- 0- 8/ 9 0.00% 11.10% 0 103
プリサイスエンド 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 135
ニューイングランド 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 460
チーフベアハート 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 425
Street Sense 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 840
アグネスタキオン 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 48
サクラバクシンオー 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 130
バゴ 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 340
チチカステナンゴ 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 195
ケイムホーム 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 206
ヨハネスブルグ 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 100
ルーラーシップ 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 210

新潟2歳S-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
岩田康誠 3- 0- 0- 2/ 5 60.00% 60.00% 268 108
松岡正海 2- 1- 0- 3/ 6 33.30% 50.00% 543 320
柴田善臣 2- 0- 0- 6/ 8 25.00% 25.00% 215 56
福永祐一 1- 1- 0- 2/ 4 25.00% 50.00% 162 82
田辺裕信 1- 0- 2- 3/ 6 16.70% 50.00% 60 131
川田将雅 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 130 75
蛯名正義 0- 2- 0- 5/ 7 0.00% 28.60% 0 162
北村宏司 0- 1- 2- 5/ 8 0.00% 37.50% 0 128
石橋脩 0- 1- 1- 8/10 0.00% 20.00% 0 109
田中勝春 0- 1- 0- 7/ 8 0.00% 12.50% 0 170
津村明秀 0- 1- 0- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 87
後藤浩輝 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 306
岩部純二 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 270
勝浦正樹 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 163
内田博幸 0- 0- 1- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 33
和田竜二 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 310
小牧太 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 390
四位洋文 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 300

新潟2歳S参考ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

キーンランドC予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

キーンランドC予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

キーンランドCニュース

(ヤフーニュースより引用)
【キーンランドC】フォーリー鞍上のキングハートが魅せるか

サマースプリントシリーズ(全6戦)第5戦のキーンランドカップ(芝1200メートル)が、26日に札幌競馬場で行われる。

 今年の函館スプリントS2着のヒルノデイバロー(栗東・昆貢厩舎、牡7歳)、バーデンバーデンCを勝つなど、ここにきて成長著しいタマモブリリアン(栗東・南井克巳厩舎、牝5歳)も上位争いが可能。ここ2走は不振ながら、夕刊フジ賞オーシャンSの覇者キングハート(美浦・星野忍厩舎、牡5歳)もマークしたい存在。日本でも重賞V実績があり、ワールドオールスタージョッキーズに出場するため来日するアイルランドのシェーン・フォーリー騎手を鞍上に迎える点からも侮れない。

キーンランドC-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ファルブラヴ 2- 0- 0- 4/ 6 33.30% 33.30% 440 123
チーフベアハート 1- 2- 0- 1/ 4 25.00% 75.00% 120 180
ディープインパクト 1- 1- 1- 4/ 7 14.30% 42.90% 80 97
クロフネ 1- 0- 1- 4/ 6 16.70% 33.30% 31 175
スウェプトオーヴァーボード 1- 0- 1- 3/ 5 20.00% 40.00% 128 94
ウォーエンブレム 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 213 73
ウォーニング 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 8070 1130
オンファイア 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 2910 630
Falbrav 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 370 190
フジキセキ 0- 2- 0- 5/ 7 0.00% 28.60% 0 110
ダイワメジャー 0- 1- 1- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 88
サクラバクシンオー 0- 1- 0- 9/10 0.00% 10.00% 0 13
キンシャサノキセキ 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 36
スクワートルスクワート 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 240
Dynaformer 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 630
キングカメハメハ 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 40
アドマイヤコジーン 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 54
アグネスデジタル 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 40
ストーミングホーム 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 85
ホワイトマズル 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 190
Fuji Kiseki 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 120

キーンランドC-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
安藤勝己 2- 1- 1- 1/ 5 40.00% 80.00% 224 166
池添謙一 1- 1- 0- 3/ 5 20.00% 40.00% 38 52
秋山真一 1- 0- 1- 5/ 7 14.30% 28.60% 2305 371
三浦皇成 1- 0- 1- 5/ 7 14.30% 28.60% 91 165
四位洋文 1- 0- 0- 8/ 9 11.10% 11.10% 323 70
藤岡佑介 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 61 31
戸崎圭太 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 186 63
ルメール 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 1060 275
村田一誠 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 260 95
横山典弘 0- 1- 1- 5/ 7 0.00% 28.60% 0 67
福永祐一 0- 1- 1- 1/ 3 0.00% 66.70% 0 293
モレイラ 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 36
川田将雅 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 95
武幸四郎 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 315
田中勝春 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 80
江田照男 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 480
佐藤哲三 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 360
岩田康誠 0- 0- 2- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 53
藤田伸二 0- 0- 1- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 31
国分優作 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 170
熊沢重文 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 120

キーンランドC参考ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

関屋記念予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

関屋記念予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

関屋記念ニュース

(ヤフーニュースより引用)
【関屋記念展望】リライアブルエースが主役を担う

「関屋記念・G3」(12日、新潟)

 伸び盛りの5歳馬リライアブルエースが主役を担う。2度目の重賞挑戦となった中京記念では、大外から脚を伸ばして3着と地力強化をアピールした。池田厩務員は「中2週でも元気いっぱい。前走時と遜色ない」と仕上がりに自信をのぞかせる。ここで重賞初Vを決め、サマーマイルシリーズ制覇へ大きく前進したいところ。

 勢いに乗るのは、条件戦2連勝中のエイシンティンクルだ。坂口正師は「最近は体重が減らなくなり、気性も良くなった」と素質開花を感じ取る。全兄は15年香港C・香港G1、16年イスパーン賞・仏G1を制したエイシンヒカリ。良血が本領を発揮するか。

 今春は桜花賞10着、NHKマイルC5着と結果を残せなかったプリモシーンだが、乗り込みは順調。3歳牝馬で51キロの軽斤量は大きな武器だろう。同舞台の15年新潟2歳Sを勝っているロードクエスト、過去3年参戦して3、1、4着のヤングマンパワー、逃げて2連勝中のショウナンアンセムも好勝負だ。

関屋記念-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
北村宏司 2- 1- 2- 2/ 7 28.60% 71.40% 320 238
福永祐一 1- 2- 0- 2/ 5 20.00% 60.00% 42 86
内田博幸 1- 1- 1- 5/ 8 12.50% 37.50% 35 116
田辺裕信 1- 0- 0- 4/ 5 20.00% 20.00% 212 62
戸崎圭太 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 152 52
武士沢友 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 403 166
安藤勝己 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 470 155
川須栄彦 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 470 210
三浦皇成 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 470 160
松岡正海 0- 1- 2- 4/ 7 0.00% 42.90% 0 170
松若風馬 0- 1- 1- 0/ 2 0.00% 100.00% 0 325
蛯名正義 0- 1- 0- 9/10 0.00% 10.00% 0 20
津村明秀 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 100
森一馬 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 180
武豊 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 140
石橋脩 0- 0- 1- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 135
横山典弘 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 50
和田竜二 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 123
ルメール 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 170

関屋記念-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
アグネスタキオン 2- 0- 1- 3/ 6 33.30% 50.00% 235 145
タニノギムレット 1- 1- 1- 5/ 8 12.50% 37.50% 58 90
ディープインパクト 1- 1- 0- 7/ 9 11.10% 22.20% 31 34
スニッツェル 1- 0- 1- 1/ 3 33.30% 66.70% 203 293
サンデーサイレンス 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 35 20
タイキシャトル 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 130 38
メジロライアン 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 730 245
ダンスインザダーク 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 530 155
ゴスホークケン 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1210 500
キングカメハメハ 0- 2- 1- 4/ 7 0.00% 42.90% 0 135
ハーツクライ 0- 2- 1- 3/ 6 0.00% 50.00% 0 111
サクラバクシンオー 0- 1- 1- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 136
デュランダル 0- 1- 0- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 28
ステイゴールド 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 60
マンハッタンカフェ 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 46
グラスワンダー 0- 0- 1- 8/ 9 0.00% 11.10% 0 90
シンボリクリスエス 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 75
アドマイヤムーン 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 100
タマモクロス 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 330

関屋記念参考ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

札幌記念予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

札幌記念予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

札幌記念ニュース

(ヤフーニュースより引用)
【札幌記念展望】ルメール騎手騎乗予定のマカヒキが中心

 第54回札幌記念・G2は8月19日、札幌競馬場の芝2000メートルを舞台に行われる。

 復活が待たれる2016年日本ダービー馬マカヒキ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)。ジャパンカップ(4着)以来の一戦だが、1週前追い切りの走りは活気に満ちており、ここを目標にしっかり仕上がった。昨年末に発症した、左後肢第1趾節種子骨剥離骨折も癒え、宝塚記念も使えたほど、出走態勢は整っている。ニエル賞以来、久々の勝利を決めたい。

 一昨年の覇者ネオリアリズム(牡7歳、美浦・堀宣行厩舎)は、香港C(3着)、ドバイターフ(8着)と海外レース転戦後の一戦。1週前の函館・芝コースでの併せ馬ではキビキビとした走りで、好調をアピールした。香港G1のクイーンエリザベス2世Cを勝ったモレイラとのコンビで2度目の制覇へ。

 モズカッチャン(牝4歳、栗東・鮫島一歩厩舎)は、ドバイシーマC(6着)以来。同世代で同じハービンジャー産駒のライバル、ディアドラがクイーンSを勝ち、ドバイ遠征からの復帰戦を飾った。この馬も洋芝が合うイメージで、強豪牡馬相手でも期待は高い。

 昨年の優勝馬サクラアンプルール(牡7歳、美浦・金成貴史厩舎)は、久々の函館記念を2着し、臨戦過程は昨年よりいい。

 久々の2000メートル投入のサングレーザー(牡4歳、栗東・浅見秀一厩舎)、昨年のセントライト記念の豪脚が忘れられないミッキースワロー(牡4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)、巴賞1、2着ナイトオブナイツ(牡5歳、栗東・池添兼雄厩舎)、アストラエンブレム(セン5歳、美浦・小島茂之厩舎)、新潟大賞典勝ち馬スズカデヴィアス(牡7歳、栗東・橋田満厩舎)、日本ダービー7着以来のゴーフォザサミット(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、ドバイターフ7着からの参戦のクロコスミア(牝5歳、栗東・西浦勝一厩舎)も、札幌で崩れておらず、意欲の参戦だ

札幌記念-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
横山典弘 1- 2- 0- 4/ 7 14.30% 42.90% 178 104
蛯名正義 1- 1- 1- 4/ 7 14.30% 42.90% 284 178
福永祐一 1- 1- 1- 4/ 7 14.30% 42.90% 42 75
四位洋文 1- 0- 1- 6/ 8 12.50% 25.00% 138 63
ルメール 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 573 106
柴山雄一 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 705 117
川田将雅 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 123 46
太宰啓介 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 620 110
武豊 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 170 90
佐藤哲三 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 240 130
岩田康誠 0- 1- 2- 4/ 7 0.00% 42.90% 0 200
吉田隼人 0- 1- 1- 3/ 5 0.00% 40.00% 0 216
安藤勝己 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 36
モレイラ 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 55
藤岡康太 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 540
小牧太 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 405
秋山真一 0- 0- 2- 2/ 4 0.00% 50.00% 0 115
池添謙一 0- 0- 1- 7/ 8 0.00% 12.50% 0 17
藤田伸二 0- 0- 1- 6/ 7 0.00% 14.30% 0 21

札幌記念-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
ジャングルポケット 2- 0- 1- 7/10 20.00% 30.00% 155 72
ディープインパクト 2- 0- 0- 8/10 20.00% 20.00% 148 43
キングカメハメハ 1- 2- 1- 5/ 9 11.10% 44.40% 221 273
ネオユニヴァース 1- 1- 0- 4/ 6 16.70% 33.30% 286 116
マンハッタンカフェ 1- 0- 2- 9/12 8.30% 25.00% 103 49
ゴールドヘイロー 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 85 45
アグネスデジタル 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 940 156
グラスワンダー 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 240 130
サンデーサイレンス 0- 2- 1- 3/ 6 0.00% 50.00% 0 126
ステイゴールド 0- 1- 1- 7/ 9 0.00% 22.20% 0 42
ダンスインザダーク 0- 1- 0- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 27
スペシャルウィーク 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 55
スターリングローズ 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 640
スクリーンヒーロー 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 110
フジキセキ 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 40
エルコンドルパサー 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 100
クロフネ 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 345
Giant’s Causeway 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 880

札幌記念参考ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

エルムS予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

エルムS予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

エルムSニュース

(ヤフーニュースより引用)
【関屋記念展望】リライアブルエースが主役を担う

 第23回エルムS・G3は8月12日、札幌競馬場のダート1700メートルで行われる。

 近走、重賞でコンスタントに能力を発揮しているミツバ(牡6歳、栗東・加用正厩舎)が中心か。前走のマーキュリーC(盛岡)も早め進出から難なく抜け出す横綱相撲で連覇を達成。確実に地力がアップしている。ここも大きな崩れはかんがえにくい。

 4か月ぶりになる昨年の優勝馬ロンドンタウン(牡5歳、栗東・牧田和弥厩舎)もV2を目指し、エントリー。直前の気配には注目も、ミツバとのカネヒキリ産駒ワンツーに期待がかかる。

 こちらも4月以来のアンジュデジール(牝4歳、栗東・昆貢厩舎)もエンプレス杯(川崎)、マリーンC(船橋)と地方交流重賞連勝中だ。

 JRA重賞を狙える地力がついたブラゾンドゥリス(牡6歳、美浦・尾形和幸厩舎)、函館で調子を上げてきたマリーンS2着ハイランドピーク(牡4歳、美浦・土田稔厩舎)、同3着のリーゼントロック(牡7歳、栗東・矢作芳人厩舎)、先行力がキラリと光るドリームキラリ(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)もエントリー。(大上 賢一郎)

エルムS-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
シンボリクリスエス 2- 0- 0- 6/ 8 25.00% 25.00% 80 42
スペシャルウィーク 2- 0- 0- 0/ 2 100.00% 100.00% 335 165
ワイルドラッシュ 1- 0- 1- 7/ 9 11.10% 22.20% 41 72
アグネスタキオン 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 136 60
フサイチリシャール 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 1425 220
Street Sense 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 400 90
カネヒキリ 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1220 250
Touch Gold 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 500 180
ゴールドアリュール 0- 3- 0- 3/ 6 0.00% 50.00% 0 148
マンハッタンカフェ 0- 2- 3- 5/10 0.00% 50.00% 0 165
アドマイヤボス 0- 2- 0- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 96
ブライアンズタイム 0- 1- 0- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 61
クロフネ 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 22
フレンチデピュティ 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 1280
キングカメハメハ 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 95
アグネスデジタル 0- 0- 1- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 26
フジキセキ 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 36
Giant’s Causeway 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 183
シニスターミニスター 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 850
エアダブリン 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 680

エルムS-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
岩田康誠 5- 1- 0- 1/ 7 71.40% 85.70% 400 164
津村明秀 1- 0- 1- 4/ 6 16.70% 33.30% 61 108
内田博幸 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 266 60
横山典弘 1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 53 36
黛弘人 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 1425 220
北村宏司 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 240 115
幸英明 0- 2- 0- 2/ 4 0.00% 50.00% 0 145
吉田豊 0- 2- 0- 1/ 3 0.00% 66.70% 0 253
ルメール 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 140
古川吉洋 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 55
佐藤哲三 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 65
赤木高太 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 1280
藤岡佑介 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 370
三浦皇成 0- 0- 2- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 236
藤田伸二 0- 0- 1- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 26
四位洋文 0- 0- 1- 5/ 6 0.00% 16.70% 0 21
福永祐一 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 27
丸田恭介 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 126
柴山雄一 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 65
大野拓弥 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 850
松田大作 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 680

エルムS参考ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く

北九州記念予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

北九州記念予想|2018年|種牡馬データ・騎手データ

北九州記念ニュース

(ヤフーニュースより引用)
【北九州記念展望】ダイメイプリンセスVS武豊騎手騎乗予定のダイアナヘイロー

第53回北九州記念・G3は8月19日、小倉競馬場の芝1200メートルを舞台に行われる。

 アイビスサマーダッシュを圧勝し、千直女王の名を欲しいままにしているダイメイプリンセス(牝5歳、栗東・森田直行厩舎)。直線コースでは無類のスピードを見せるが、問題は陣営も認めるように距離延長とコーナーのあるコース。勝ち鞍のある条件だけに、現在の充実度で乗り切る可能性は十分だろう。

 昨年の覇者ダイアナヘイロー(牝5歳、栗東・大根田裕之厩舎)は、その後、阪急杯を勝つなど、速力、地力に磨きをかけてきた。休養明け2戦目は【2100】と叩き良化型だけに、ここも争覇圏。V2の期待も大。

 CBC賞で待望の重賞初Vを飾ったアレスバローズ(牡6歳、栗東・角田晃一厩舎)、小倉2歳Sを勝ったコース巧者でCBC賞でも上がり最速の末脚で4着に突っ込んだアサクサゲンキ(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)、アイビスサマーダッシュの2着馬ラブカンプー(牝3歳、栗東・森田直行厩舎)、トウショウピスト(牡6歳、栗東・角田晃一厩舎)もスピードを武器に立ち向かう

北九州記念-過去10年の騎手データ

騎手 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
武豊 2- 0- 1- 2/ 5 40.00% 60.00% 214 176
北村友一 2- 0- 0- 5/ 7 28.60% 28.60% 448 117
藤岡康太 1- 2- 0- 4/ 7 14.30% 42.90% 310 108
酒井学 1- 0- 1- 6/ 8 12.50% 25.00% 197 111
小牧太 1- 0- 1- 4/ 6 16.70% 33.30% 170 85
福永祐一 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 335 125
上村洋行 1- 0- 0- 1/ 2 50.00% 50.00% 125 70
丸田恭介 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1890 570
高倉稜 0- 1- 1- 4/ 6 0.00% 33.30% 0 238
川田将雅 0- 1- 1- 3/ 5 0.00% 40.00% 0 70
幸英明 0- 1- 0- 8/ 9 0.00% 11.10% 0 112
太宰啓介 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 228
M.デム 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 55
国分恭介 0- 1- 0- 4/ 5 0.00% 20.00% 0 60
鮫島良太 0- 1- 0- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 47
池添謙一 0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 240
川島信二 0- 0- 2- 3/ 5 0.00% 40.00% 0 858
森一馬 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 1560
吉田隼人 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 320
田辺裕信 0- 0- 1- 0/ 1 0.00% 100.00% 0 150

北九州記念-過去10年の種牡馬データ

種牡馬 着別度数 勝率 複勝率 単勝 複勝
サクラバクシンオー 4- 3- 2-17/26 15.40% 34.60% 218 98
クロフネ 1- 1- 0- 2/ 4 25.00% 50.00% 62 337
ホワイトマズル 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 335 125
キングカメハメハ 1- 0- 0- 6/ 7 14.30% 14.30% 242 52
キングヘイロー 1- 0- 0- 5/ 6 16.70% 16.70% 95 41
ハーツクライ 1- 0- 0- 3/ 4 25.00% 25.00% 255 87
Closing Argument 1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 1890 570
オレハマッテルゼ 0- 1- 1- 3/ 5 0.00% 40.00% 0 264
ブライアンズタイム 0- 1- 0- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 63
フレンチデピュティ 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 85
ダンスインザダーク 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 120
ショウナンカンプ 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 505
グラスワンダー 0- 1- 0- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 150
スウェプトオーヴァーボード 0- 0- 2- 3/ 5 0.00% 40.00% 0 360
ディープインパクト 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 73
ダイワメジャー 0- 0- 1- 3/ 4 0.00% 25.00% 0 112
ファルブラヴ 0- 0- 1- 2/ 3 0.00% 33.30% 0 50
マンハッタンカフェ 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 2025
Selkirk 0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 50.00% 0 160

北九州記念参考ー注目している競馬情報会社

keiba会議トップ画像
keiba会議 サイト情報

サイト名:keiba会議
URL:http://www.raceweb.jp
メールアドレス:info@www.raceweb.jp

keiba会議のページへ行く